FC2ブログ

好雪 片々不落別処

こうせつ、へんぺんべっしょにおちず・・・そして、ありのままの毎日を。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
いつも読んで下さっている皆さんはお元気でしょうか。
カナダから帰国した翌日に、あの大地震。
まだ夢の中にいるような毎日です。

その瞬間、私自身は地震に少しも気づかず、
友人や生徒さんからのメールで晩方になってテレビをつけました。
時間を経るごとに拡大していく被害の状況と圧倒される光景に、
結局朝方近くまでテレビに釘付けでした。

『今日私レッスンしていいのかな?
ベートーヴェンやら、フレージングやらの話をしてていいのかな。
東北に手伝いに行かなくていいのかな?』と翌朝ナンセンスにも思う。
現実的には関西は通常通りだし、行って出来ることがあるわけでもないのに。

もやもやと何か出来ることはないのかな。と思いをめぐらせながら、
のうのうとテレビを見ている自分に違和感を覚えつつ。
日曜日になっても惨状を伝える番組に相変わらずテレビ漬けの私。

週末に現地入りしたテレビカメラは、
月曜の朝のワイドショーでその様子を伝える。
月曜日になっても相変わらず朝からテレビ漬けのわたし。
母を捜す子供の声に、涙してしまう。

けれど、
現地を取材するリポーター、
スタジオで声高に話すアナウンサーやコメンテーターを見ながら、
だんだん胸が悪くなってきた。
何かおかしい。
結局これは、自分で見聞きしたことじゃない。
その脅威に、その悲しみに直接触れたわけじゃない。
テレビ局の誘導に誘われ涙しているだけだ。
私はそんな、ちゃちいことをしたいわけじゃないんだ。
そうだ、私がするべき事は、テレビを見続けることじゃない。
それを見て、涙することでもない。
何か出来ないか思いをめぐらし悩むことでもない。

今私が生かされている場所で、
よりよき仕事をし、よく生きることなんだ。
今日のレッスンの生徒、そして今日関わる人の、
家族の家族のそのまた友人の知人が、
東北の胸を痛めている被災者かもしれない。
今ある場所で精一杯働くことが、巡り巡って、もしかしたら、
実際に力を注げる人に、何かの力を少しは送ることが、
出来るのかもしれない。出来ないかもしれない。

本当に力になりたいと思うなら、
テレビを見て惨状を知ったり、
したことのないボランティアに心を向けるのではなく、
今ある場所で、自分の仕事を全うすることなんだ。
と私は思ったので、

テレビを消す。
必要な情報と、確実に私が出来る必要とされている声にだけ耳を傾けよう。

電力の件は、
なかなか関西の電力が東京に回るのは難しいそうだけれど、
日本国民の宿題として、
本気になったら、どこまで節電できるのか見たい気がします。
私たちはどこまで助け合えるのか。
世界の中で、右肩下がりの趨勢を感じつつある現在の日本を考えたとき、
本当に必要なことは、
無駄をそぎ落とし、本当に必要なことに集約して、
矜持を持って賢く生きていくことだと思うから。
この災害を、私自身もちゃんと乗り越えていく必要があると思います。

それにしても、本当に東北の人は感情を抑える事が上手だ。
東北の人の我慢強さは美徳じゃない。という人もいるかもしれないけれど、
私は、品格を品性を感じました。
日本人のありようとして、素敵だと感じました。
ここまででかかった嗚咽を飲み込み、
表情穏やかに低い声で語るその強さに驚く。

亡くなられた方々には心からご冥福お祈り申し上げます。
そして、被災された方々には心からお見舞い申し上げます。
今夜は寒いそうなので、どうぞお大事にしてください。
この先、私に出来るお手助けがあれば、何でもしたいと思います。

どうぞ今日もよい一日を。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://amicaashiya.blog133.fc2.com/tb.php/63-64bfcc32

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。